So-net無料ブログ作成

34nmプロセスのIntel製SSD「X25-M」がファームアップでTrimコマンドに対応。 [他メーカーネタ]


34nmプロセスになったIntelの新SSD「SSDSA2M080G2GC」に、
新しいファームウェアと
ユーティリティソフト「Intel Solid-State Drive Toolbox」を公開。

・インテル、34nmプロセスSSD用のTrim対応ファーム/ツール:PC Watch
・Intel® SATA SSD Firmware Update Tool:Intel
・Intel® Solid-State Drive Toolbox:Intel

新ファームから、
Windows7のデータの書き換えを効率化するTrimコマンドに対応。
160GBのタイプは書き込み性能が100MB/secに向上する。

「Intel Solid-State Drive Toolbox」は、
SSDを管理ツールとなっていて、
S.M.A.R.T.やドライブ情報を得られたり
自身でいつでもTrimコマンドを行う事ができる。


(ファームアップ前の「X25-M」)

この新ファームは
以前から行うというアナウンスが出されていたもので
その予告どおりWindows7のSSDに対する機能の一つ
Trimコマンドに対応したもの。

以前、Wシリーズに「X25-M」を組み込んで
「CrystalDiskInfo」で確認した際には
確かにTrimコマンドは動作していなかったので
ようやく今回でそれに対応した形になる。
<参考>
元麻布春男の週刊PCホットライン
・もう1つのSSD
・SSDに関するWindows 7の3つの特徴

---------------------

と、
今回のIntelのファームウェアのアップデートは、
50nmプロセスの「X25-M」と「X18-M」、「X25-E」も
それぞれに新しいバージョンになる様子。

メインマシンのVAIO typeRmasterに載せてる
「X25-E」もファームを書き換えてやらないとね。

なんて事を書きながら
今日は高熱でうなされながらこの記事を書いてるくらいなので
もう寝ます。。


<追記>
何やらこのファームアップで起動不能の症状が多発しているらしく
28日現在ではいったん公開を中止している模様。

・Intel、SSD用新ファームウェアに問題で公開中止:PC Watch
・インテルX25-M G2 SSD 新ファームで起動不能の報告多数、提供中止:engadget

うーん、熱が出てすぐに寝ちゃって、ファームアップできなかったのは
逆によかったのかも(汗


・VAIO typeRmasterをSSD RAID0化&Windows7化計画(その1)
・VAIO typeRmasterをSSD RAID0化&Windows7化計画(その2)

【VAIO typeP特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】
【VAIO typeZ特集ページ】

iconicon

【TOPページへ】


2009-10-27 21:53  nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 2

コメント 2

Riever

VAIO typeSZ持ちの私、旧機種のWin7ドライバの公開は11月中旬と言われてすっかり意気消沈です。
SSDは来月上旬予定ですが、ドライバが公開される中旬まで涙を飲んで待つか、それともとりあえずWin7を入れてしまうか非常に悩んでいます(^^;;;
by Riever (2009-10-27 22:06) 

kunkoku

>Rieverさん
自分もTZシリーズやtypeRmasterなどといったマシンが現役でばりばり動いてますが、早くWindows7用のドライバーを公開して欲しいですね(汗

というか、この新ファームっておもいっきりしくじってるらしく、起動不能とかになってましたからちょっと様子見で良かったんじゃないかと思われます(^_^;)
by kunkoku (2009-10-28 17:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。