So-net無料ブログ作成

メインメモリーを4GBにして仮想メモリーを目一杯利用する! [VAIOネタ]


・SSD化したVAIO typeSを快適化計画(その1)
の続き。

というか、
・VAIO typeS<XPモデル>に、無駄にメモリー4GBを載せる。
・SSD化したVAIO typeSを快適化計画(その1)
の訂正記事に近い。


PCのメインメモリーって、
仮に物理的に4GB載せたとしても、
32bitOSの場合、OSが認識できるのは3GB強となってしまって、
残りの1GB弱が無駄になってしまう。

これは当然変わらない定義ではあるんだけど、
そのOSの認識できない隠れたメモリーさえも使えてしまう
仮想メモリのソフトについて
PC Watchの
“32bit Windowsの管理外領域をRAM Diskに使う”
という記事で紹介されてて、もうビックリ!

自分の場合、
VAIO typeS<XPモデル>に、
メインメモリー4GB積んでいて、
「RamPhantom2」でRAMディスクを作ってたけど
見えないメモリの部分は使えないものだと思い込んでた・・・

こりゃもうすぐにやってみるしかない!
-------------------

PCによって若干の工程や
表示のされ方、設定方法の差があるらしいので
あくまでも参考程度&自己責任で。


まずは、
マイ コンピュータを右クリックして『プロパティ』を開く。
それから、
[詳細設定]タブを開いて
下部にある起動と回復の「設定」をクリック。

『起動と回復』が新たに開くので
起動システムの項目にある
[編集]を押す。


そうすると、
bootファイルが開くので、
そこのテキストデータにの末尾に、
「/PAE」を追記する。

設定を変更すると
再起動を促されるので再起動する。


今度は、
「Gavotte Ramdisk」という仮想メモリーのソフトをダウンロードする。

rramdiskという圧縮ファイルをダウンロードしたらPC内に解凍。

解凍されたファイルの中にあるram4g.regをダブルクリックして
レジストリに情報を追加する。
(この作業をしてないとOS認識内メモリからしか使わない。)

事前準備がここまで。


ここまで出来たら、
「ramdisk」を起動するとソフトウェアが開く。

左側にある「InstallRamdisk」をクリックして、
設定したい仮想メモリの容量と
ドライブを任意で決めたらOKをクリック。


これで仮想メモリが出来上がる。
設定もかなり簡単。

-------------------

で、
問題はここから。
本当にOSから見えない領域を使えてるのか?
という事。


まずは、「ramdisk」を作る前の状態を
Windowsタスクマネージャーで確認してみる。

Windowsが認識してる容量は3144044KB
利用可能な容量が2676572KB



1)1GBを割り当て
「ramdisk」に1GBを割り当ててみる。
そうすると、マイコンピュータに1GBのRamDiskが出現。


この状態で、
Windowsタスクマネージャーを見てみると
利用可能な容量が2670356KBとなってる!

仮想メモリで1GB作ったにもかかわらず
利用可能なメモリーが減った容量は
たったの6216KBだけ!

これを見るとOSが認識してない領域を
間違いなく見えてない部分を使えてる事がわかる。


2)2GBを割り当て
今度は仮に、
「ramdisk」に2GBを割り当ててみる。
当然、マイコンピュータに2GBのRamDiskが出来る。


Windowsタスクマネージャーを見ると
利用可能な容量は1602456KB

利用可能なメモリーが
1074116KB使われていて、
仮想メモリー2GB中の約半分くらいは見えないメモリー、
その足りなくなった部分はメインメモリーを使ってる事がわかる。

仮想メモリに2GBも割り当てる意味があるかどうかは置いといて。


------------------

お約束でベンチマーク(CrystalDiskMark 2.1)。

【仮想メモリー】         【SSD】

HDDよりもはるかに早いSSDと比較しても
もうとんでもなく比べ物にならないほど超激速!

ひとまず
前回同様に
Webブラウザのキャッシュと
テンポラリファイルをこのRAMディスクに割り当てておく。

1GBほど余分に割り当てられるようになったから
もっと他に活用方法を考えなきゃいけない。。


何にしても今まで、
自分の使ってた「RamPhantom2」だと
OSが認識した部分での利用しかできなかったのに、
それが「Gavotte Ramdisk」だったら
投資した4GBがまるまる活用できてしまってかなり感動!

ひとまずWindows XP SP3では問題なく使えたし、
どうやらWindows Vistaでも大丈夫っぽいみたいだし、
これだったら、目一杯メインメモリーを増やす意義が出てきた気がする。


・今さらでも魅力なWindows XP搭載のVAIO typeSプレミアムバージョン
・VAIO typeS<XPモデル>に、7200回転HDDを載せる。
・VAIO typeS<XPモデル>に、無駄にメモリー4GBを載せる。
・VAIO typeSのCPUを換装して高速化する!(その1)
・VAIO typeSのCPUを換装して高速化する!(その2)
・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その1)
・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その2)

【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


2008-05-12 12:46  nice!(3)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 10

Riever

私も今日、この話を知ったので、授業中に(オイ)調べまくっていました。
この未使用領域がもったいない気がしてたまらなかったのですが、これでやっと使えそうです。
by Riever (2008-05-12 16:57) 

kunkoku

>Rieverさん
朝、この記事みてスゲ!と思って速攻試してみましたw
意外と簡単に出来たし、
使えないメモリも使えてものすごく満足してますw
by kunkoku (2008-05-12 18:25) 

Riever

仮想メモリがいいですよね。今までの、RAM 3GB(仮想メモリ無し)では足りなくなることがままあったので、4GB近くになり良くなるかなと感じました。
by Riever (2008-05-12 22:35) 

Mちゃん

すごいなーこんなことやっちゃうなんて・・・・

OSがメモリー使いすぎってのもあるんだけど・・・。

単純にびっくりですね。
それで快適度って上がりました?
by Mちゃん (2008-05-13 01:40) 

kunkoku

>Rieverさん
やっぱりあるのに使えないってのはどうにも気持ち悪いですもんねー。
デスクトップに8GBのっけて、ゲーム用のキャッシュにしてる人もいますね(笑)
by kunkoku (2008-05-13 10:10) 

kunkoku

>Mちゃんさん
快適度という意味では、ブラウザのキャッシュをのせると間違いなく速くなりますw
テンポラリファイルはデータを逃がしてるだけなのであんまり体感とは関係ないですねー。

ゲームのキャッシュは恐るべしらしいですよ(笑)
by kunkoku (2008-05-13 10:12) 

Riever

これ見てノートでも8GB詰めるようになればと思ったのは秘密です(笑)
仮に8GB乗っけたとしても少なくても4.5GBは認識すると思いますが・・・8GBのキャッシュってどんなんだと想像がつきません(爆)
by Riever (2008-05-13 18:56) 

kunkoku

>Rieverさん
マザーがメモリをどこまで認識してくれるかにかかってるみたいですねー。
今ひそかに、VAIO typeRmasterってどうなんだろ?という事がものすっごく気になりますw
by kunkoku (2008-05-14 11:56) 

Riever

すみません、上の「4.5GBは・・・」の部分、RAMDISCとしてって意味です(^^;;
typeSZは4月下旬のBIOSアップデートをしないと4GB以上のRAMを認識できずアップデートしましたが、4GB認識するなら8GBは普通に認識できる気がします。

今度はtypeR masterをやっちゃうんですか?
・・・化け物パフォーマンスが目に見えそうです(^^)
by Riever (2008-05-14 20:32) 

kunkoku

>Rieverさん
大丈夫ですw
そうだと思ってましたからww

今、メモリー2GB4枚を画策中です・・・
by kunkoku (2008-05-15 20:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。