So-net無料ブログ作成

新CPUを採用してモバイル最速の「VAIO typeSプレミアムバージョン」 [VAIOネタ]


VAIO typeSプレミアムバージョンが2008年春モデルとなって登場。
SZ型番もついにSZ90から始まってSZ95となって6代目。

「VAIO typeSプレミアムバージョン」
VGN-SZ95US・95NS・95S 【VAIOオーナーメイドモデル】
ソニースタイル販売価格:159,800円(税込)~

「VAIO typeS」
VGN-SZ85US・85NS・85S 【VAIOオーナーメイドモデル】
ソニースタイル販売価格:129.800円(税込)~

--------------------

<新CPU(Penryn)を搭載>


コードネーム「Penryn」と呼ばれる新CPUは、
初の45nmプロセスを採用した新世代CPU。

現行のmeromやConroeと呼ばれたCPUは65nmプロセスだったものから
Penrynで45nmとさらに微細化。

それによって、ダイサイズを縮小できたり、
同サイズであれば、よりたくさんのトランジスタを載せる事ができる。

予備知識として
トランジスタの数は、
デュアルコアで4億1000万個、クアッドコアで8億2000万個。
ダイサイズは、45nmプロセスで107mmと、
65nmプロセスの143平方mmから25%も縮小されてる事になる。

プロセスが進化した事で
パフォーマンスを向上させつつも消費電力を削減しているので、
特にノートPCの場合、バッテリーの持ちにも影響を及ぼす。

特に、
SSE4命令に対応した事で
ゲームなどのグラフィック演算に強くなっていたり、
ディープ・パワー・ダウン・テクノロジーといった、
あまり負荷をかけない処理をする場合に消費電力を落とす事での
バッテリーライフの向上が見込める。

ノートPC向けのCPU(Core 2 Duo)としてみると
Core 2 Duo T9500、Core 2 Duo T9300
Core 2 Duo T8300、Core 2 Duo T8100
という合計で4つ存在していて、
VGN-SZ95には、T9500、T9300、T8100の3種類、
VGN-SZ85には、T9300、T8100の2種類
から選択できるようになっている。

【CPU性能表】
プロセッサーナンバー   周波数  FSB  キャッシュ TDP
Core 2 Duo T9500 :2.60GHz、800MHz、6MB L2、35W
Core 2 Duo T9300 :2.50GHz、800MHz、6MB L2、35W
Core 2 Duo T8300 :2.40GHz、800MHz、3MB L2、35W
Core 2 Duo T8100 :2.10GHz、800MHz、3MB L2、35W

数値的に一番わかりやすいのは、
2次キャシュの引き上げで、
従来のT7000シリーズと比べると
4MBは6MBへ、2MBは3MBへと上昇しているのがわかる。

トータル的に
パフォーマンスも良くなって
消費電力も下がって
2次キャッシュが少しでも多いほうが効率が良い事を考えると
VAIOオーナーメードでチョイスすべきCPUは、
・Core 2 Duo T9500
・Core 2 Duo T9300
だといえる。

・Intelホームページ
・新世代Core 2 Duoプロセッサーの底力

--------------------

<VAIO typeSの中身をチェック>
前モデルからのおさらいを含めて。


2007年9月に発売されたSZ94になって、
新プラットフォーム「Santa Rosa」と呼ばれた
Centrinoモバイル・テクノロジーが導入された。

チップセットは「Intel GM965 Express」で
FSB(フロントサイド・バス)が800MHzとなっていて
内部速度が高速化。

【メモリー】

搭載できるメモリーの最大容量が4GBに増大。
実際には、32bitOSが使用可能な領域は最大でも3GBになるものの、
かなり余力を持たせる事が出来る。

メモリーバスは、SZ94から667MHzに上昇。
今まで以上にはパフォーマンスの向上が期待できる。

VAIOオーナーメードでの変更点としては、
1GBや2GBを選んだ場合でも、
「512MBx2枚」、「1GBx2枚」だったものから
「1GBx1枚」、「2GBx1枚」と、1枚挿しに変更になったため
後から増設する場合でも
メモリーを無駄にする事がなくなった。

・VAIO typeS[SZシリーズ]のメモリーを4GBにするとオイシイのか?

【ハイブリッド・グラフィックシステム】

モバイル系VAIO(typeT、typeG、typeU)の場合、
チップセット内蔵のグラフィックアクセラレーターを使用してるため
グラフィック系の処理が弱いのが弱点。

電源供給できる場所では高速処理、
外で使う時にはバッテリーの持ちを優先、
といった状況に対応させるために
チップセット内蔵と、専用グラフィックアクセラレーターを
切り替えて使える「ハイブリッド・グラフィックシステム」を採用。


消費電力をなるべく抑えてバッテリー駆動時間を優先したい時には、
STAMINAモードにすると
チップセット「Intel GM965 Express」に内蔵された
グラフィック「モバイルIntel GMA X3100」を、
思う存分3Dゲームや動画編集をしたい場合には
SPEEDモードにすると
専用グラフィックアクセラレーター
「NVIDIA GeForce 8400M GS GPU」を使用できる。

VAIO typeS(SZ94)のベンチマークテスト(その1)
VAIO typeS(SZ94)のベンチマークテスト(その1.5)というかやり直し。
・VAIO typeS(SZ94)のベンチマークテスト(その2)
・VAIO typeSで、「3DMark05」と「3DMark06」のデモ動画比較

【HDD】

ハードディスクは、
最大で250GBまで選べるようになった。

また、
容量だけの差ではなく、
HDDの回転数が5400回転/分のものの他に
・200GB:SerialATA、7200回転/分
・160GB:ハイブリッド HDD(フラッシュメモリー内蔵HDD)
の2種類のHDDからも選択できる。


Windows Vistaは、
頻繁にHDDにアクセスする事が多かったり
アプリの呼び出しにしてデータ転送にしても
体感速度に結びつく部分がHDDの性能にも大きく影響するのから
「SerialATA、7200回転/分」や
「ハイブリッド HDD(フラッシュメモリー内蔵HDD)」
を選択したほうがオススメ。

・VAIO typeSのHDDを換装して爆速化する。

【ワイヤレスLAN】

最新の高速ワイヤレスLAN規格「IEEE 802.11n」に対応した
「IEEE 802.11 a/b/g/n」が選択可能。

IEEE 802.11nでは、
MIMO(Multiple Input Multiple Output)技術を利用して
送信側と受信側で複数のアンテナを使う事で
その分スピードアップして
最大144Mbp(理論値)までの高速通信ができるようになる。

当然、ワイヤレスルーター側もIEEE 802.11nに対応してる必要がある。

・IEEE802.11nに対応した無線LAN「WZR2-G300N」を使ってみる。
・IEEE802.11n内蔵のVAIOで、高速無線通信する条件。

【ワイヤレスWAN】

ワイヤレスLAN環境のない外出先でもスムーズにインターネットができる
NTTドコモの「FOMA HIGH-SPEED」を内蔵させる事も可能。

料金は定額制(月額最大10,500円)なので、
従量課金の時のように費用を気にする事なく
思う存分にインターネットを利用できて、
かつ、ADSL並みの実行速度を持ってるので
かなり快適に使えるのも大きいメリット。

一部、プロトコル制限などがかかってるので
これがネックとも言われてるけど、
第三者サービスの“MobileFree”を利用すると
それも解消できてしまう。

個人的には、通信カードを挿さなくていいから
ヨコに飛び出しもないし、
スロットを消費しなくてもいいし
ワイヤレスWAN内蔵は、他のPCにはない非常に優秀な性能だと思える。

・ワイヤレスWANでインターネットライフ、どう変わる!?

・VAIOにワイヤレスWANを内蔵してどこでもインターネット(その1)
・VAIOにワイヤレスWANを内蔵してどこでもインターネット(その2)
・VAIOにワイヤレスWANを内蔵してどこでもインターネット(その3)
・ドコモ「FOMA HIGH-SPEED」は、“MobileFree”で自由な閲覧が可能になる!
・外出先から、ドコモとauの定額通信でロケーションフリーTVにつないでみる。

--------------------

<Premium Designs(プレミアムデザイン)>

既存のブラックと、プレミアムブラウンに加えて
プレミアムデザインと呼ばれる5種類のデザインが選択できるようになった。

ダイレクトに天板へインクを照射する
「ダイレクトプリント」という新しい技術を使っていて、
解像度1200dpiという細かい表現と、
高い耐久性を実現したデザイン。

4人のデザイナーが、
MODE、ELEGANCE、GRAPHICALといった3つのデザインテーマを設定して
5種類のバリエーションを手がける。

プレミアムブラウンを含め
5種類のプレミアムデザインは、
プレミアムっていうくらいだから5000UP。
(MOTION EYE必須。)

好みの問題なので、
好きならどうぞという感じ。

・BEYOND your PREMIUM
・DESIGNER'S VIEW

--------------------

プレミアムデザインといった人の感性に関わるところは
人それぞれの反応も違うので
何とも言えないけど、
少なくとも自分の琴線に触れる事はなくて。

デザイナーに対しての思い入れだとかがあれば
それはまた違ってきたんだろうけど。

個人的には、以前VAIO typeT(TXシリーズ)であった
プレミアムブルーを出してくれたほうが
もっと気持ち的に盛り上がったかもしれない。

というか、
そもそもVAIO typeSに求めてるところは
モバイルPCという位置づけでの高性能だったりするから、
SZ94では、T7700(2.4GHz)止まりだったCPUが、
新CPUのT9500(2.60GHz)やT9300(2.50GHz)が
搭載できる事のほうがずっと喜ばしかったりする。

それに加えて、
このマシンにしか出来ないという意味では、
【ワイヤレスWAN】を搭載させて
どこでもネット接続できるという最強の武器を持たせる事もできる点では
VAIO typeSを指名したくなる。

ついでに、
VAIO typeS<Windows XPモデル>にも
新CPUとワイヤレスWANを
載せられるようにしてくれればいいのにと思ったり。

【Search file on typeS】
【type S徹底比較】

【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】

【TOPページへ】


2008-01-10 14:25  nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。