So-net無料ブログ作成

超気になる新ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」(その4) [サイバーショット&ハンディカムネタ]

iconicon
ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」(その3)の続き。

3世代にわたってのハイビジョンビデオカメラを並べてみた。
奥側から、
・民生用初ハイビジョンビデオカメラ「HDR-FX1」icon
 ソニースタイル販売価格:399.000円(税込)

・ハイビジョンハンディカム「HDR-HC1」icon
 ソニースタイル販売価格:178.000円(税込)

・ハイビジョンハンディカム「HDR-HC3」icon
 ソニースタイル販売価格:158.000円(税込)


「HDR-FX1」iconはさすがにハイエンド機だけあってデカイ!
手前の2つのハンディカムが異常に小さく見える。

2004年10月に民生用で初めて
ハイビジョンビデオカメラが出てきた時のインパクトは、スゴかった。
だってビデオカメラの中で、
それまで最高と言われてきた「DCR-VXシリーズ」の時代から
突如、すべてのビデオカメラを否定してしまうほどの
ハイビジョン高画質をもたらしたんだから。。

それはどんな小型が出ても「HDR-FX1」icon
ステイタスが変わるわけじゃないし、
今でもサイコーのハイビジョンビデオカメラだと思ってる。
だから、三脚だ立てられる状況だったら迷わず「HDR-FX1」iconを使うね。
(そのデカサから他人を威圧できるから撮影する時にいいポジションが取れるってメリットがあったりする。。)

だけど、まぁそうは言いつつも
こんな巨大なビデオカメラを、
ちょっと遊びに行くとか旅行に行くって時に持って行くのはかなーりツライ。

やっぱりハンディタイプのハイビジョンビデオカメラってのは必然だったワケで、
そこで去年登場したのが「HDR-HC1」iconだった。

高嶺の花だった「HDR-FX1」iconの価格の2分の1以下、
持ち運びもしやすい劇的な小型化で、
そりゃスゴイ売れた。
やっぱりそれだけ記録に残す画像は綺麗に残したいって事の表れだろーね。

そしてさらに追い討ちをかけるよーに
今回さらに小型化を進めた「HDR-HC3」iconが出てきたって事になる。

----------------
って事でハンディタイプの比較したほうがわかりやすいので、
「HDR-HC3」icon「HDR-HC1」iconのサイズ比較をしてみた。

比べて一番の違いはやっぱり前後の長さ。
HDR-FX1が188mmに対して、
HDR-HC3が139mm。
約5cmのサイズダウン。

極端に縮んだ。
けど、横幅はジツはHDR-HC3のほうが約1cm大きい。
HDR-HC1:71mm。
HDR-HC3:82mm

なので、全体的なスタイルからみると、
HDR-HC1のほうがスマートに見えて、
HDR-HC3のほうはモコっとしてるように見える。

フィルター径は、
HDR-HC1が37mm、HDR-HC3が30mm
と小さくなってる。

って事はコンバージョンレンズとかフィルターキットもサイズが違ってくるので、
もしも万が一両方とも所有すると、
それぞれ違うサイズを用意しなきゃいけない。。
バッテリーもMシリーズとPシリーズという事で
全くベツモノバッテリーとなってる。

カタログでもHPにも載ってたみたいに手のひらに乗せてみた。

こうやって横から見比べると、
HDR-HC3は手の中にスッポリと収まってるのがわかる。
HDR-HC1は持ってて、ちと苦しい。。

でも、この横顔だけでゴマかされちゃいけない。

普段使うような持ち方にしてみるとまた違った印象がある。

HDR-HC3は、横幅の広いので、
下からしっかりと支えて持たなきゃいけない。
HDR-HC1は、細身なぶん手が小さいヒトでも持ちやすい気がする。

重さとしては、HDR-HC3が600g(付属バッテリー搭載)、
HDR-HC1では780g(付属バッテリー搭載)と、
180gも違ってくるので長時間所持するのであれば、
HDR-HC3のほうが負担がすくなそーだ。

----------------
バッテリーの話が出たので、
実際のバッテリーをそれぞれ付けてみた。

HDR-HC1のバッテリーは全部で3種類。
・NP-FM50(付属)icon
ソニースタイル販売価格:7.088円(税込)
連続撮影時間(実撮影時間):約1時間20分(約40分)

付属のこのバッテリーだとスマートに見えて違和感がない。


・NP-QM71D icon
ソニースタイル販売価格:11.340円(税込)
連続撮影時間(実撮影時間):約3時間20分(約1時間50分)

・NP-QM91Dicon
ソニースタイル販売価格:17.010円(税込)
連続撮影時間(実撮影時間):約5時間(約2時間45分)

こうなってくると出っ張りはかなりのモノ。
NP-QM71Dはガマンできる限界のサイズ。
NP-QM91Dはできればさけたいよな・・・


HDR-HC3のバッテリーは全部で4種類。
付属のバッテリーは一般市販されてないので、
購入する時には実質3種類。

・NP-FP60(付属)
連続撮影時間(実撮影時間):約1時間30分(約50分)

付属バッテリーではむしろまだ奥にヘコんでる。
マーキングがないので、すぐにオマケバッテリーだとわかってしまうのが悲しい。


・NP-FP70icon
ソニースタイル販売価格:11.340円(税込)
連続撮影時間(実撮影時間):約2時間30分(約1時間20分)

・NP-FP90icon
ソニースタイル販売価格:17.010円(税込)
連続撮影時間(実撮影時間):約3時間50分(約2時間05分)

NP-FP71のバッテリーサイズは付属のNP-FP60と同じなので、
全く出っ張らないし、撮影時間は長くなるのでねらい目のバッテリー。

それと、一番容量の大きいNP-FP90を付けても、
ほとんど飛び出さないのは立派!
見た目でNGって事は一切ないので、
運動会とか1日中旅行とかには最高のバッテリーだ。


・NP-FP50icon
ソニースタイル販売価格:7.088円(税込)
連続撮影時間(実撮影時間):約1時間(約30分)

ついでにやってみたけど、
まずありえない組み合わせ。
バッテリーの持ちもかなり少ないし、
逆に本体の奥までヘコんじゃって見た目もブサイク。

----------------

せっかく長時間使おうと思っても、
本体から思いっきりバッテリーが飛び出すと、
かなり萎えるorz

そう考えると、「HDR-HC3」iconはコンパクトさを保ったまま
長時間撮影のできるハイビジョンハンディカムと考えられるね。

モバイルできる実用的なハイビジョンハンディカムとして
こりゃ使えるよ。。

(その5)へ続く。。

↑についてさらに詳しくはソニースタイルへicon
iconicon

----------------------
【ソニーが基本的に好き ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」 更新履歴!】
超気になる新ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」(その6)3/8
超気になる新ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」(その5)3/4
超気になる新ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」(その4)3/3
超気になる新ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」(その3)3/2
超気になる新ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」(その2)3/1
超気になる新ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC3」(その1)2/28
----------------------
【オマケ:ハイビジョンビデオカメラは見た!】
ぜーんぶ記録に残っちゃうよ「ハイビジョンハンディカム」
悪夢の「お遊戯会」
昨日は娘の1歳の誕生日
遠足で動物園へGO!(その2)
遠足で動物園へGO!(その1)
1日中「おやこうんどうかい」(その2)
1日中「おやこうんどうかい」(その1)
コドモといっしょ。
「柳井金魚ちょうちん祭り」に行ってきた。(後編)
「柳井金魚ちょうちん祭り」に行ってきた。(前編)
サルのようにハイビジョン化する。。
ハイビジョンビデオカメラ「HDR-HC1」で日常を撮るのさ。
今日はコドモの遠足だったのさ。

iconicon

デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-HC3」icon
ソニースタイル販売価格:158.000円(税込)
(3年間修理保証サービス付き)
さらに今なら「桜梅キャンペーン」で
ソニースタイルクーポン15000円がもらえる!

(2006年3月31日17時まで)
icon

【最新VAIO】 icon
【HP】
iconicon


2006-03-03 15:12  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。