So-net無料ブログ作成
検索選択
TV、映画、DVD、音楽ネタ ブログトップ
前の10件 | -

スリムスタイルやボード型など4機種のホームシアターシステムを発売! [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

icon
ディフューザーを搭載し包み込まれるようなサラウンドの臨場感を味わえる
高さ5cmのスリムなサウンドバー「HT-CT370」ほか
ホームシアターシステム全4機種を発売。

・包み込まれるようなサラウンドを部屋中に広げるディフューザーを新搭載  テレビ前にすっきり設置できる高さ5cmのスリムなサウンドバー『HT-CT370』など  ホームシアターシステム全4機種を同日発売

------------------------

●ホームシアターシステム

iconicon
ホームシアターシステム「HT-CT370」
ソニーストア販売価格:37,000円(税別)
●長期保証<3年ベーシック>

テレビの前に置いても画面を隠さずに設置できる
高さ5cmのスリムなサウンドバータイプ。

仮想的にサラウンドを再現する技術S-Force PROフロントサラウンドと
スピーカーユニット前面に搭載したディフューザーの効果により
部屋のより広範囲に音が広がり、包み込まれるような豊かな音場を再現するのが特徴。

サブウーファーは縦横の両方の置き方ができ、
リビングルームの隅やテレビ台の横など、場所を取らずに設置可能。

ワイヤレス伝送技術(2.4GHz)を採用しているため
本体とのケーブル配線が不要で好みの場所に設置できる自由度。

HDMIバージョン2.0準拠の 4K/60pの4K映像信号に対応。

NFCを搭載して、スマートフォンの音楽もワイヤレスで手軽に再生可能。


続きを読む


2014-04-14 18:24  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【予告!】エヴァンゲリヲンxハイレゾxウォークマン 西暦2014年4月下旬よりソニーストアで予約受付開始! [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

icon

『エヴァンゲリヲン』と『ハイレゾ』と『ウォークマン』のコラボがキタ!!

【予告!】エヴァンゲリヲンxハイレゾxウォークマン  西暦2014年4月下旬よりソニーストアで予約受付開始!
icon
この画像のシンジが手にして聴いているオーディオプレーヤーは、
ハイレゾ対応の「ウォークマンFシリーズ」!

今まで、シンジの愛用しているオーディオプレーヤーは、
劇中では時代が変わろうとも「S-DAT」だったのに、
それがウォークマンに!

ということで、
久々にツボにきたコラボモデル!
興味がる!欲しい!人はまずは速攻メール登録!

icon

エヴァンゲリヲンxハイレゾxウォークマン  西暦2014年4月下旬よりソニーストアで予約受付開始!メール登録開始!

続きを読む


2014-03-22 16:19  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モニタータイプ「EXシリーズ」、重低音タイプ「XBシリーズ」のイヤホン、ステレオヘッドホン「ZXシリーズ」発売! [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

icon
ソニーから、密閉型インナーイヤーの
モニタータイプのMETALEX 「EXシリーズ」2機種、
重低音を重視したEXTRABASS「XBシリーズ」2機種と、
ステレオヘッドホン「ZXシリーズ」2機種を発売!

------------------------

●クリアに聴くMETALEX 「EXシリーズ」

icon
密閉型インナーイヤーレシーバー「MDR-EX650」
ソニーストア販売価格:7,980円(税込)

icon
密閉型インナーイヤーレシーバー「MDR-EX450」
ソニーストア販売価格:4,980円(税込)

モニタータイプの密閉型インナーイヤーレシーバー「MDR-EX650」と、「MDR-EX450」は、
「MDR-EX510」、「MDR-EX310」の後継機種。

独自開発12mmドライバーユニットを採用、
振動板の有効面積を大きくすることで、16mmドライバーユニットと
同じサイズのドーム面積を確保。

0121k

「MDR-EX650」には、360kJ/m3、
「MDR-EX450」には、300kJ/m3の高磁力ネオジウムマグネットと、
従来よりも長いロングボイスコイルを採用して、
高感度で低歪な音響特性を実現。

ハウジング上に設けたポート(通気孔)により
低域の通気抵抗をコントロールする「ビートレスポンスコントロール」を採用して
リズムを正確に再現。

耳の奥まで装着できるアングルドイヤーピース方式、
2種類の硬度のシリコンを組み合わせたハイブリッドイヤーピースを採用して
より装着性と遮音性を向上させている。

コードには絡みにくいセレションコードを採用する。

0121j
「MDR-EX650」のハウジングには、真鍮を採用、
不要な振動を抑えて低音域でのスムーズなレスポンスと鮮やかな中高域を再現、
音導管の材料にも真鍮を採用して、内径を従来比約15%拡大することで
クリアな高音域を再生できる。

「MDR-EX450」には、アルミニウムを採用している。

続きを読む



購入前に4つのヘッドホンを試せる「プレミアムヘッドホン体感キャンペーン」 [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

icon
ソニーストアで、5,000STAR以上のストアメンバー限定で
抽選で15名に4つのプレミアヘッドホンを5,250円で1週間試せる
「プレミアムヘッドホン体感キャンペーン」

今回のキャンペーンは、
ソニーストアのストアメンバーで、5,000 STAR以上というのが応募条件。

期間を3回にわけて、それぞれ5名づつの合計15名が対象。

当選した場合、
お試しセット(5,250円(税込))の申込手続きをすませると
お試し期間内まで4機種のヘッドホンを自宅で試せる。

さらに、当選すると
ソニーストアの3,000円分のクーポンがもらえるので、
実質、1,500円で、4つのヘッドホンを約1週間、納得いくまで試聴する事ができる。

購入予定で、最終的にどれにするか迷っている場合なら
自分の持ってるプレーヤーにつなげて思う存分聴き比べもできるので
今回のキャンペーンを利用してみるといいかもしれない。

------------------------------

●借りて試せるヘッドホンは4つ

icon
密閉型インナーイヤーレシーバー「XBA-H3」
ソニーストア販売価格:36,800円(税込)

「XBA-H3」は、
3Hz-40kHzの超高域再生を実現する「HDスーパートゥイーター」と、
フルレンジのBAドライバーの2つ、
液晶ポリマーフィルム振動板を使用した「大口径16mmダイナミックドライバーユニット」という
HDハイブリッド3ウェイドライバー。

・BA型とダイナミック型ドライバーのハイブリッドインナーイヤー「XBA-H」シリーズ!

icon
ステレオヘッドホン「MDR-1RMK2」
ソニーストア販売価格:24,800円(税込)

「液晶ポリマーフィルム振動板」を4Hzから80,000Hzという広帯域の再生が可能な
大口径な直径40mmの「HD(HighDefinition)ドライバーユニット」と
振動板のハイコンプライアンス化と、軽量ボイスコイルと組み合わせて
レスポンスの早い低域から高域までを幅広く再現、ハイレゾ音源の再生にも対応。

・お気に入りの音楽を心地よく聴けるモニターヘッドホン「MDR-1RMK2」

icon
ステレオヘッドホン「MDR-10R」
ブラック/ホワイト
ソニーストア販売価格:18,800円(税込)

専用設計となる40mmHDドライバーユニット採用
レスポンスの早いパワフルな低域から解像度の高い高域にわたる広帯域(5Hz-40kHz)までの
ハイレゾ音源の再生にも対応したヘッドホン。

icon
ノイズキャンセリングヘッドホン「MDR-10RC」
ソニーストア販売価格:18,800円(税込)

「MDR-10シリーズ」のハイレゾオーディオに対応した専用設計40mmHDドライバーユニットや
重低音のリズムを正確に再現するビートレスポンスコントロールを採用しながら
持ち運びを重視したモデル。

・ハイレゾ対応のコンパクトヘッドフォン「MDR-10Rシリーズ」

続きを読む



コンパクトに持ち運んで迫力ある音楽を楽しめるワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X7/X5」 [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

icon
バッテリーを内蔵して持ち運びできる
ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X7」を3月8日に、「SRS-X5」を2月15日に発売。

・192kHz/24bitのハイレゾリューション・オーディオ対応モデルから、  豊かな重低音を再生する小型モデルまで ワイヤレススピーカー3機種を発売  ~空間との調和と高音質を両立する「Definitive Outline」デザインを採用~

------------------------

●Wi-Fi、Bluetoothでつながる  ワイヤレスポータブルスピーカー「SRS-X7」

0116r
直径46mmフルレンジスピーカー2つと、
約50Hzまでの低域再生を可能にする62mmのサブウーファーを搭載。

両脇に低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を2つ配置した
「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用。

“Definitive Outline(定義づけられたアウトライン)”と呼ばれる
スクウェア形状のデザインのコンパクトなボディに、
実用最大出力32W(16W+8W+8W)の
パワフルでキレのある重低音サウンド楽しめる。
0116z2
音声信号をフルデジタル処理することで音のひずみを抑制して
クリアで臨場感あふれるサウンドを再現する「S-Master」を搭載。

MP3やBluetoothといった圧縮された音源をオリジナル音源に近づけて
失われた高音域を補完してクリアに再現する「DSEE」や、
シンプルにソニー推奨の高音質設定にできる「ClearAudio+」も搭載する。

0116k0116j
DLNAに対応したサーバー(パソコン、ネットワークレコーダー)の音楽を
有線LANもしくはWi-Fi(IEEE 802.11b/g)でワイヤレスで再生可能。

スマートフォン、タブレット、iPod/iPhone/iPadから
Android/iOSアプリ[ SongPal(ソングパル)]を使うと
別の部屋にあるPCに入ってる音楽を「SRS-X7」で再生、
Music Unlimited、Tuneln Radio、radikoといったミュージックサービスを聴く、
そして音質の設定、といった操作ができる。


Bluetooth標準規格Ver.3.0(プロファイル A2DP/AVRCP)に対応して、
ワイヤレスで音声を再生できるので、
スマートフォンやタブレットで音楽を聴きながら、
手もとでインターネットやTwitter、Facebookを操作したり、
YouTubeや動画ゲームを、スピーカーから迫力のサウンドを堪能できる。

【TOPページへ】

続きを読む


2014-01-16 23:36  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォークマン専用webサイト「My WALKMAN」を使ってみる。 [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

icon
Android OSを搭載している“ウォークマン”「NW-ZX1」「NW-F880シリーズ」で利用できる
専用のwebサイト「My WALKMAN」。

・My WALKMANが生まれ変わりました。

もともと、音楽やウォークマンに関連する情報やサービスを紹介する専用サイトで
完全にスルーして使ってなかったけど、
どうやら今回リニューアルして、自分好みのアーティストだけを
チェックできるらしいので早速つかってみよう。

---------------------------

1224o1224p
ウォークマンのブラウザアプリを開くと
webサイト「My WALKMAN」( http://walkman.start.sony.jp/ )が
デフォルトでホーム画面に設定されてる様子。
(ってこの時点はブラウザアプリ初めて使った。)

シンプルに縦スクロールして
アーティストの最新情報とかランキングといった
音楽系のニュースが並んでいる。

この時点では、まるで興味のないアーティストもいれば
全く関心のない情報も溢れてるからかなりどうでもよくなってしまうのだけど、
どうやらカスタマイズできるみたいだし整理してみる。

続きを読む


2013-12-24 22:02  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

PS Vitaの5000円割引クーポンが手に入る「PSP下取価格10倍返しだ!キャンペーン」 [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

icon

PSPの下取り価格を、下取り上限500円から
10倍の5,000円分の割引クーポンにしてPS Vitaが安く買える
「PSP(R)下取価格10倍返しだ!キャンペーン」
2014年1月31日(金)11時まで開催。

-----------------------

icon

今、PSPを持っていたら、
この案内ページのから「下取りに出すPSPの送付手配」をすると
お家まで無料で引取に来てくれて、
PSPの査定終了後、下取り可能であれば、”PS Vita5,000円割引クーポン”がもらえる。

ただし、本体の電源が入らないとかUMDソフトを読めない、 付属品のバッテリーパック、ACアダプターがない場合 液晶に大きな傷が入っていたり、ボタンがつぶれているといった動作不良品の場合は 下取りできない場合があるので注意。

続きを読む


2013-12-20 15:25  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォークマンFシリーズのアップデート!(ワイヤレスお出かけ転送対応はないよw) [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

icon

“ウォークマン”FシリーズにVer 1.11のアップデートが来た!

・“ウォークマン”「NW-F805/NW-F806/NW-F807/NW-F805K/NW-F806K/NW-F805BT」 本体ソフトウェアアップデートのお知らせ

こっ、これはっ、
もしかして、ウォークマンFシリーズに「ワイヤレスお出かけ転送」が来たんじゃっ!?
と、思ったものの、
あれ?アップデート内容には、
メディアプレーヤーの動作安定性の向上 ・その他の機能改善

しか書いてない…。
いやいや、またまたーw
このその他の機能改善ってトコに入ってるんでしょー(;´∀`)
と思いながらアップデートしてみる。

--------------------------

アップデートの方法は、
Wi-Fi経由でアップデート、「x-アプリ」もしくは「Media Go」からアップデート
それと手動でのアップデートの4パターン。

0509k0509l
手っ取り早いのは、Wi-Fiにつないで
本体から「設定」の「端末情報」から、
「システムアップデート」とすると、最新のアップデートが確認できる。

0509g0509h
データ量は、約257.4MB。

なんだなんだ、結構容量大きいぞ!
やっぱりもしかしたらもしかするかも?w

ダウンロードが終わると、
再起動してインストール、アプリの最適化の更新作業が終わって
“ウォークマン”Fシリーズが起動すればアップデートは完了。

--------------------------

icon
さーてさて、
アプリはどうなってるかなー?

もしかしたら、Xperia Zとか、Xperia Tablet Zみたいに、
アプリアイコンも刷新されちゃったりするかなー?

と思ってみたけど、あれ?
何にも変わってない様子…。

続きを読む


2013-05-09 18:11  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ウォークマンのお気に入りの音楽で目覚めるドックスピーカー「RDP-NWC11」 [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

0417i
ウォークマンに入れたお気に入りの音楽で朝目覚めてみたくないかい?
という事で、寝室にもポンとシンプルに置けるドックスピーカー「RDP-NWC11」

最近やたらと、ウォークマンやスマートフォンの音楽を楽しめる
ドックスピーカーやワイヤレススピーカーが増えてきたような気がするけれど、
もうこのドックスピーカーは、ワイヤレス機能はいっさいなくて
超シンプルに、目覚ましとかタイマー機能目的にと割り切れるコンパクトさと作り。

--------------------------

0421c0421d
“ウォークマン”用ドックスピーカー「RDP-NWC11」
ソニーストア販売価格:6,980円(税込)

カラーは、ブラックの他に、ホワイトの2色ある。
中身は、ACアダプターとリモコン、AMループアンテナ、
それから取扱説明書類。

本体サイズは、横幅が約13cmで、奥行きが約10cm程度で
置き場所にそんなにスペースを取らないコンパクトサイズ。

0421j
0421g0421h
見た目”たわら”というか”巻きずし”みたいな円柱の形に
そこに日本語表記された大きめのボタンがポンポンとついていて
このままだったら本当に目覚まし時計にしか見えない。

左右の側面にもボタン類がついていて、
このドックスピーカーの操作すべてを視認して行える。

アラームボタンは、左側にA、右側にBと
2つのアラーム設定ができるように配置されている。

続きを読む


2013-04-22 14:53  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ソニーストアで、ウォークマンF/Sシリーズを値下げ! [TV、映画、DVD、音楽ネタ]

ソニーストアで、ウォークマンFシリーズと、Sシリーズの
販売価格を値下げ!

-----------------------

●“ウォークマン”Fシリーズ ラインナップ

icon
“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F807」 【64GB】
ソニーストア販売価格:34,800円(税込)
             ⇒32,800円(税込)
・長期保証<3年ベーシック>付属

“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F806」 【32GB】
ソニーストア販売価格:24,800円(税込)
             ⇒23,800円(税込)
・長期保証<3年ベーシック>付属

icon
“ウォークマン”Fシリーズ「NW-F806K」 【32GB】
ソニーストア販売価格:27,800円(税込)
             ⇒26,800円(税込)
・長期保証<3年ベーシック>付属

“ウォークマン”Fシリーズは、32GB、64GBのラインナップを値下げ!
ブルー、ライトピンク、ホワイト、ビビッドピンク、ブラックの5色展開。

NW-F800Kシリーズは、本体カラーに合わせた専用スピーカーが付属。

ウォークマン本体を載せて再生・充電が可能。
逆にウォークマン”本体の充電池を使用してスピーカーを駆動もできるので
屋外へ持ち出しても音楽を楽しめる。

高音質技術「クリアフェーズ」により、
デジタル信号処理で付属スピーカーの音響特性を最適化して音質を向上。
音量増強技術“xLOUD”の搭載などにより迫力のあるサウンドを楽しめる。

続きを読む


2013-04-02 11:17  nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

前の10件 | - TV、映画、DVD、音楽ネタ ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。