So-net無料ブログ作成
検索選択
趣味ネタ ブログトップ
前の10件 | -

週アス増刊号オマケの『元祖パチパチまとめ板Pro』でいろいろまとめてみよう! [趣味ネタ]

0324c
今週発売の「週刊アスキー 4/29増刊号」は、
アクセサリーをいろいろまとめられる『元祖パチパチまとめ板Pro』付き!
こんな時は、電子書籍じゃなくて本屋さんで買うのがいつものパターン。

えぇ、紙面はちゃんと読んでますよっ(;゚∀゚)=3ハァハァ
でも、オマケグッズでやらなきゃいけない事があるんだっ!

------------------------------

0325k
「パチパチまとめ板」というと、
以前にも週アスのオマケとして登場した事があったんだけど、
今回はさらにパワーアップ版。

そりゃなんてったって、
ブルーにイエローつったら
ガンダムの胸のカラーとダクトのカラーでしょう
そりゃ強くもなってるわ。

0325m
じゃなくて、本当に改良されていて、
板の面積が広くなって、よりアクセサリーをたくさんくっつけられるし
背面にもポケットができたから、両面におもりっきりまとめられる。

カバンはあるけど、アクセサリーが中で暴れまくってるのよね…
ってものがこれ一つに集約。

0325l0325n
このコムバンドのグリップでぐいぐいと保持できる。

裏面は、メッシュのポケットだから
スルっと抜け落ちそうな小さいものはこっちに入れとけば万事オッケー。

ちなみに、面積が広くなって真っ二つに折れるんじゃ?
って思ったら、中板は紙材からプラ材に進化してるから
めっちゃ丈夫だった。

------------------------------

●「元祖パチパチまとめ板Pro」にいろいろ収納してみる!

って事で、
『元祖パチパチまとめ板Pro』をフル活用すべく、
思いつくままにまとめていっちゃうぞ。

0325c
モバブーとかUSBケーブルとか鞄の中ごちゃごちゃになるやつ。

そう、カバンをカオスにする現況とも言える
ケーブル類とか、バッテリーもモバブーもとりあえず
この板にまとめとけば、ないっないっないーっ!!と心の中で叫ばずにすむよね。

模範的な使い方

続きを読む



23日は、お台場ガンダムを4Kハンディカムで撮影して、ガンダム歌ってました…。 [趣味ネタ]

0323a
3月23日(月)は、東京へ。
到着したら、ひとつの大きな目的、
4Kハンディカムでお台場ガンダムを撮りたくてw

到着したのが昼過ぎだから
日中、ここだけで終わってしまった…。

夜まで待てば、期間限定
1/1ガンダムプロジェクションマッピングがあったんだけど
大切な約束があったので離脱ーっ。

0323b 0323c
夜は、週アス副編集長の矢崎さん(@ACCN)にご招待いただいて某会に参加。

自分のような者が参加して良いのだろうかと恐縮しまくって
存在感を消し去りたいはずだったのに、
なぜかカラオケでガンダムを歌ってしまってごめんなさい(;'∀')

24日もいろいろ行きたいとこあるので
うろうろしてまた戻りますーっ!

続きを読む



α7で、1/1ガンダムとストライクフリーダムを狙い撃つっ( ゚д゚ )!!! [趣味ネタ]

icon
・ついに来たよ35mmフルサイズのコンパクトデジタル一眼Eマウント”α7”!
・やたらウキウキで、初めてα7/α7Rを持って撮影してきた!
・α7を持って、横須賀港に撮影に行ってみた。
・α7にマウントアダプター+望遠レンズで、呉港に撮影に行ってみた。
・かなり楽しみに待ってた「SEL55F18Z」が来たからα7他で撮ってきてみた。
に続いて。

今年に入ってというか、”α7”が発売されて以降はじめて
東京に出かける事があったから、だったらお台場でヤツを撮りたいでしょう!
と思って、
”α7R”を借りて
マウントアダプター「LA-EA4」「SAL70300G」と、
FEマウントの、Sonnar T* 単焦点レンズ (Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA)「SEL55F18Z」
をスーツケースにしのばせて撮影してきた。

-------------------------

●”α7R”+「SEL55F18Z」+「SAL70300G」で、  連邦の白いヤツを撮ってみた。

icon
300mm 1/320秒 F5.6 ISO160 +0.7 EV


icon
300mm 1/320秒 F5.6 ISO320 +0.7 EV

続きを読む



ド派手に光り輝く週アスの付録「MicroUSBぴか~るケーブル」を使ってみよう! [趣味ネタ]

0703k
最近は、週刊アスキーっていったら
電子書籍ストア”ReaderStore”とか”BOOK☆WALKER”で
配信されてるから、ダウンロードしてXperiaで見たほうが楽ちんなんだけど、
おまけ付きの時だけは本屋さんへダッシュ!

2013年12月16日に発売になった、「週刊アスキー 2014年1/28増刊号」には、
「MicroUSBぴか~るケーブル」なる付録が付いてくる。

------------------------

1217a1217j
これってその名の通り、MicroUSBケーブルで、
ものすごく当たり前だけど、
USB端子⇔MicroUSB端子になったUSB2.0に対応したケーブル。

最大の特徴は、コネクター部分にLEDを埋め込んでいて
電源とかPCに接続すると、
ケーブルが8色に光り輝くというギミックをもっているって事。

パッと見、たんなるケーブルなのに、
PCのUSB端子につないだ途端にまぁ光るわ光る!

1217g
とかなんとか言いながら、
実際にXperiaとか、“ウォークマン”とかつないでみたら
当たり前に充電も同期もできる。

それに8色の色が入れ替わりイルミネーションがぐるぐる光り輝くおかげで
充電してますっ!同期してますっ!
と言わんばかりのギミックみたいで楽しい。

つか、しっかし考えてる間もぴかぴかと忙しないなコレ。
ずっと見てるとうっとおし…
いや…なんでもないです(;゚∀゚)=3ハァハァ

光っててもどこかこう、目立たないようにする方法ないもんかなー?

… … …

1217k1217e
完全に一致!!!

VAIO(Xperia)の壁紙の波打つデザインと同じ具合に折り曲げたら
うまい具合に壁紙に溶け込むんでるし!

って、余計邪魔だから
使わないときは抜けばいいだけの話…。

続きを読む



週アスオマケで、「さすが防水ポーチだ…、なんともないぜ!」ごっこをしよう! [趣味ネタ]

0703k
ヤラなきゃヤラれる( ゚д゚ )クワッ!!そんな気分で
もはや義務化してきた、週刊アスキーのオマケネタ。

・週刊アスキーが電子書籍化されたから、いろんなガジェットで読んでみようw
・週アスのおまけ「スマータブル コンボケース」にいろいろ入れてみよう。
・VAIO Duo 11でお絵かきが壮絶に便利になる週アスオマケの「ウルトラマウス」!
・3月26日発売の「週刊アスキー」にオマケで付いてくる「超くねくねスマホケーブル」w

3月25日に発売になった、週刊アスキー 2013年8/6増刊号に、
オマケとして付いてくる「超ぷくぷくスマホ防水ポーチPLUS」。

最近は、週刊アスキーって、『BOOK☆WALKER』からも配信されてるから
すっかりこっちに頼りっきりになってるんだけれども、
さすがに今回のオマケはダウンロードでは付いてこないから
久々に本屋さんに行って購入。


これって、1年前のオマケにもあったんだけど、
よほど人気だったのか、今回よりパワーアップして?再登場。

いや、もうこれ見たら、このアイテムが何たるかはわかってしまうけれども
レビューしなきゃいけない気がする( ゚д゚)ハッ!
と、ニュータイプ並の勘が働いてるようで…。


------------------------

0703l
ネーミングは、「ぷくぷくスマホ防水ポーチPLUS」。

この防水となる素材は、去年から0.5ミリも厚くして
側面の形状をチューブ状にするとか強度アップ!

ネックストラップから、アルミ製のカラビナリングに変わって
小物を入れられるポケットまでつく進化っぷり。

まさに、ザk(ryじゃなくて、
「去年とは違うのだよ!去年とはっ!」

0703s
じゃあ早速、とスマホを入れてみる前に大きさの確認。
スマホの横幅は、だいたい80mm幅くらいのものまで入るらしい。

比較対象に、水に強いアイテムをならべてみた。
左から、Xperia Z、スマホポーチ、水陸両用ズゴック。

ここでふと、Xperia Zって防水だからスマホポーチいらないんじゃ…。
「気に入ったぞ小僧!それだけはっきりものをいうとはな( ゚д゚ )!!」

防水ったって、素のままだと
もしかしたら海辺の砂浜でジャリジャリになってしまうかもしれないし
キャップ締め忘れて浸水!なんて事になるかもしれない。

ハモンさんも、
「いくら防水モデルのXperia Zといっても、裸のままでは持ちはすまい。。」
って言ってたし、いざという時のためにポーチを活用しよう。

続きを読む



週刊アスキーが電子書籍化されたから、いろんなガジェットで読んでみようw [趣味ネタ]

0403
毎度毎度お世話になってる週刊アスキー。
週刊アスキーといえば、発売日は毎週火曜日。

なのに、地方に住んでると
発売日よりも一日遅れて本屋さんに入荷するから
一日話題に遅れた気分になるのが非常に切ない。

けど、そんな地位格差もこれまでだ!!
ついに週刊アスキーが電子書籍化!

うぉやったぜ!と思ったら、
Appleの『Newsstand』で電子配信を開始とか書いてあって
それ、iPhoneとかiPadで見るだけじゃん…と一瞬落胆したものの
Androidでも見られる『BOOK☆WALKER』からも配信されてるじゃないスカw

0407k
って事で、今まで律儀にソニーの電子書籍ストア”ReaderStore”しか使った事なかったけど、
週アス読むために、『BOOK☆WALKER』つかってみようそうしよう。

週刊の雑誌はねー、
もちろんあの本屋さんで見つけて、サクっと買って
ペラペラとめくって見るのも好きなんだけど、
一番の問題は、買った後に毎週のごとく積まれていく物理的な山…。

いままで、
たまにふと思い返して、ちょっと前のを探して見ようかな?と思っても
もうどこに何があるかわからなかったり、
そして、いつかは捨てる運命にあるんだけど、捨てる時のあのなんとも言えない罪悪感。

欲しいところだけを捨てる間際に自炊しようとか思うけど
結局めんどくさくてやらないとか…。

そう考えたら、電子書籍ってええわー、
データだから容量さえ許せば何冊でも持ち運べるし。

-----------------------

●マルチデバイス対応バンザイ\(^o^)/

それから、『BOOK☆WALKER』は最大で5つの機器まで
認証させて読むことができるから


0407a
まずは何をおいても、Xperia Z。
Android用アプリ「BOOK☆WALKER」をダウンロードして
自分のIDとパスワードでログインすればOK。

手の中にXperia Zがスッポリw
これでもういつでもどこでも読める。

通勤電車とか(乗ってないけど)、ちょっとした待ち時間とか
トレンドの情報を仕入れてモテ力をアップ(実際の効果は知らない)してもいいし
ゆるい記事で癒されてもいいし
いつも身につけてるスマートフォンで読めるのはうれしい。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

0407e
自宅で見るにはスマートフォンじゃちっさいなーと思ったら
こういう時こそタブレット!

これがサイズ的にも一番雑誌を読んでる感覚に近いというか、
文字も見やすいし、タブレット自体も軽いっていうのがメリット!

しかし、紙のめくる感覚が好きなのにーという場合には
設定でページめくりのアニメーションをオンにしとけば
雰囲気だけでもそれっぽくなる。
(デフォルトではなしになっている。)
0407l

これをもってトイレに引きこもって延々と籠城もできるし
Xperia Tablet Zなら、紙媒体の本だったら再起不能になってしまう水周りはもちろん
お風呂に入って読むことだって出来る!!

気をつけたほうがいいのは、
寝ながら仰向けになって読んで寝落ちすると
雑誌なら、バサッ!ん?いけねいけね寝てたぜ(*ノω・*)ですむところが
鋭利な凶器が顔めがけて襲い掛かってきて大惨事を招くので注意。

続きを読む



週アスのおまけ「スマータブル コンボケース」にいろいろ入れてみよう。 [趣味ネタ]

0326a
またもややってきた週刊アスキーのオマケネタ!

・VAIO Duo 11でお絵かきが壮絶に便利になる週アスオマケの「ウルトラマウス」!
・3月26日発売の「週刊アスキー」にオマケで付いてくる「超くねくねスマホケーブル」w

3月25日に発売になった、週刊アスキー 2013年 4/30増刊号には、
「スマータブル コンボケース」なるものがオマケとして付いてくる。

どんなもんかっていうと…
こんな↓「コンボケースのうた」なるものもあるかと思ったら…



しまいにゃ、週刊アスキーPLUSに、こんな↓紹介ページ出来てて
もはや、素人にはやることが残ってないじゃないか…

icon

ま、まぁいいや…同じカッコできるわきゃないし、
気を取り直して普通にレビューしよっと。

------------------------

0326c
ネーミングは、「スマータブルコンボケース」。
素材は、ポリエステル製で、
ブラックのケースに、赤い色のステッチ。

それと、週刊アスキーの文字の入ったタグがででーん!
と入ってる。

0326d
フタをペロっとめくると、
7インチクラスのタブレットがすっぽり入る大きなポケット。

だいだい、iPad miniとかNexus 7とかその辺りを入れられる。

どうがんばっても、10.1インチのXperia Tablet Zは入らない。
あきらめよう。。

0326e
7インチクラスのタブレット持ってなくても、
スマートフォンとかアクセサリーを入れる事は可能。

小さいポケットには
これがまった、Xperia Zがぴったり収まるというか、
他にも同サイズのスマートフォンも、他にもUSBポータブル電源でも
良い感じに収まる。

続きを読む



「機動戦士ガンダムオンライン」オマケ?のザクコントローラーをVAIO Duo 11の片手デバイスにしてしまえ! [趣味ネタ]

0302a
全然遊んでるヒマがなくて
PS3の「機動戦士ガンダムバトルオペレーション」すらまだ伍長どまりなのに、
これ以上やらせはせんっ!と思っていたはずなのに…

おや?

なんだこれは?

専用ザク・コントローラーという不思議アイテムに惹き寄せられるように
「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージをポチってしまって
手元にやってきてしまった…。

「機動戦士ガンダムオンライン」とは…



Windwows用の基本無料で遊べる(課金というワナはもちろんあるけど)
いわゆるガンダムの一年戦争を舞台に
最大52人対52人でバトルできるオンラインゲーム。

基本無料ゲームなのに、なんでまた初期投資で定価5,964円もする
「機動戦士ガンダムオンライン」プレミアムパッケージを買ってるのか…。

まぁ全ては、
このちょっと怪しいザクの顔したコントローラーのせいだな。

0302b
パッケージの中身は、
ザクコントローラーに、
ゲームクライアントソフトDVD-ROM
プレミアムパッケージ特典アイテムコード。

インストールは、ダウンロードできるからわざわざDVD-ROMつかわなくてもいいかも?
と思ったけど、インストールする時の時間短縮にはなるのと
おまけで、ディスクに、壁紙とスクリーンセーバーが入ってる。

0302e0302d
メインは、やっぱりこのザクをモチーフにしたコントローラー。
ザクのモノアイがなんと上下左右のスティックになっていて
動力パイプあたりも含めて全部で10コの操作ができるホリ社製のコントローラー。

ぶっちゃけ、これがなくったって
キーボードとマウスで操作できるのだけれど
ゲーム中に使うショートカットがコントローラーに割り振られていて、
左手にザクコントローラー、右手にマウスという装備で戦える。

---------------------------

●大真面目に「機動戦士ガンダムオンライン」をやってみる。

「機動戦士ガンダムオンライン」の動作環境は、
・対応OS: WindowsXP(32bit)WindowsVista/7/8(32bit、64bit)
・CPU: Core2 Duo E6600以上 (Corei7シリーズ以上推奨)
・メモリ: 2GB以上 (4GB以上推奨)
・HDD: 8GB以上の空き容量
・グラフィックカード:
 VRAM 512MB以上のグラフィックカード (VRAM1GB以上のグラフィックカード推奨)
 NVIDIA GeForce 8800GT / GTS450 以上 (NVIDIA GeForceR GTX285 以上推奨)
 ATI Radeon HD4850 / HD5750 以上 (ATI Radeon HD5850 以上推奨)
・DirectX : 9.0C以上
モニター解像度 :1024×768 以上
・接続環境  : ブロードバンド環境(ADSL光ファイバー

0304
VAIOで言えば、VAIO Lシリーズあたりなら
余裕で動作するし、エフェクトもかけまくりでグリグリ動くのは当然。

だけど、このゲームのいいトコは、サーバー側で自分のデータをセーブしてくれてるから
自分のIDでログインすれば、
ガンダムオンラインのクライアントソフトさえいれておけば
いつでもどこでも続きができるって事だ。

さーてやってやる!
やってやる。いくら要求スペックが高くたって!

続きを読む



僕が一番ソニタブPをうまく使えるんだっ!「ソニタブP ver. ODAIBA GUNDAM」 [趣味ネタ]

icon
・Sony Tablet Pシリーズに、白いカバーをハメて“連邦の白いヤツ”仕様にする!
・Sony Tablet Pシリーズを外観も中身も“連邦の白いヤツ”仕様にするんだっ!

もう1年も前に、着せ替えカバーでちょいカスタマイズした?
Sony Tablet Pシリーズ

まぁ今でもこの姿で、不用意にSE音を立てているんだけれども、
Sony Tablet Pシリーズも販売終了してしまった事だし
ハロスピーカーを作るためだけに、山盛りそろえたエアブラシ、塗料、他モロモロも手元にあるわけで
この際、遠慮なくおもいっきり自分の思うがままに痛化…
じゃなくて、再度見た目をカスタマイズしてみようかと。


-----------------------

icon icon
ちょい前に、お台場にある「RG1/1 RX-78-2ガンダム」のデザインを参考にしつつ
妄想しながら、VAIO Duo 11のデジタイザースタイラスで
お絵かきしてみたソニタブPのパネルデザイン。

これを元に、実際のソニタブPのカバーを撮影して
そこにもう一度デザインを書き込んでみる。

カバーの画像にペンでイメージしたレイアウトを線引きして、
おおよそのカラーリングはペイント、
そしてさらに細かい部分のデザインは、またペンで書き込んでいってという具合に
VAIO Duo 11のお絵かきがめちゃくちゃ便利。

icon icon
元になる設計図みたいなものが出来たら、
今度はそれを見ながら着せ替えカバーに定規で寸法をとりながら、
鉛筆でラインをひいていく。

この最初の段階で狂ってたら元も子もないので
全体を見渡して、左右対称になっているか、大きな間違いがいないかを確認。

icon icon
そしてこのラインをスジ彫り。

ラインにそって両サイドにはみ出し防止のマスキングテープを貼って
(もしくはダイモテープが理想。)
先にナイフでアタリの切れ込みを入れる。

それから、ラインチゼルで再度掘っていくと、
等間隔の溝ができていく。

まず、これは若干失敗があってもいいようにというのと
イメージの確認をしながらの状態。

続きを読む



キシリア「ソニタブP、どこに配備されたのですか?」、ギレン「終わったよ。先行しすぎてな…」 [趣味ネタ]

icon
Sony Tablet Pシリーズがついに販売終了!

2011年10月にSony Tablet Pシリーズが発売となった当初は、
2画面で小さく折りたためるギミックと
広げて全画面で使えたり、下画面がキーボードになったり、
斬新なアイテムに心踊ったものの、
このせっかくの2画面を活かしたアプリが少なくて
ストレートタイプのXperia Sと出来る事はそんなに変わらないし
一部のソニークラスタを除いてはそんなに話題にもならず…。

1220n icon
けれど、2012年の春になってきせかえパネルが出てきたりと、
「RECOPLA(レコプラ)」アプリの登場で、ブルーレイディスクレコーダーの中身を再生できたり
さらには、「nasne(ナスネ)」とも連携できるようになって。

そして年末には、
録画された番組を見たり、今やってる番組をライブで見たりといった機能に加えて
番組をそのまま持ち出せる「ワイヤレスお出かけ転送」もできるし
スモールアプリを利用して、
上画面で番組の動画を見ながら、下画面でタイムラインチェック
といった、まさに2画面が生きる使い方ができるようになった。

・最新アップデートで、 ワイヤレスお出かけ転送とスモールアプリという強烈な武器を手に入れた  Sony Tablet Pシリーズ!

1220k
Sony Tablet Pシリーズのデザイン形状ならではの
カバンにしまっておく時は半分に折りたたんで持ち運べるサイズ感だとか
上画面で動画を見ながら、下画面でwebブラウズ、
タテ持ちにして本(ReaderStoreとか)を読むとか
視聴する時に自分好みの角度に調整してみられる事という
この折りたたみだからこその本質があったにもかかわらず、
ソフトウェア部分が遅れた事で、
せっかくハードがイマイチ陽の目を見なかったのは非常に残念。

1223k1223j
次期モデルの噂はさっぱり流れてこなくて、
このまま2画面がなくなってしまうのか、
それともまたいつか蘇って登場する事があるのか。

それは、ユーザーの自分たちにはわからないけれど、
少なくとも自分たちの周囲には、
Sony Tablet Pシリーズというガジェットを気に入って手にしてる人達がたくさんいるし、
自分自身が相当に気に入ってるからこそ
専用のレザーケースを1年たった今頃でもオーダーメードで作る企画をしてみたいと思ったし
きせかえパネルを活かして痛化もして楽しんでいるわけで。

あきらかに製造コストにみあうだけの
ただのディスプレイの大小の違いだけのストレート端末しか出てこない今の世の流れに逆らって
Sony Tablet Pシリーズのような、
ソソられるガジェットがまた出てきて欲しいなと。

続きを読む



前の10件 | - 趣味ネタ ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。