So-net無料ブログ作成
検索選択

ソニーモバイルの「Xperia Z1」と「Xperia Z1f」、NTTドコモから発売! [ケータイネタ]

1010a
1010b
ソニーモバイルから「Xperia Z1」と「Xperia Z1 f」を公式に発表。

NTTドコモから
「Xperia Z1」をSO-01Fとして、10月24日に、
「Xperia Z1 f」をSO-02Fとして、12月下旬に発売される。

・新しいカメラ体験を提案するXperia™史上最高のカメラ、 映像を美しく再現するディスプレイなど 最新技術を搭載したスマートフォン『Xperia Z1 SO-01F』がNTTドコモから発売

・最新の技術と使いやすさを手のひらサイズに。 Xperia™史上最高のカメラ、高画質ディスプレイを搭載した スマートフォン『Xperia Z1 f SO-02F』をNTTドコモが発売

------------------------

●「Xperia Z1」と「Xperia Z1 f」

 
1002b1002d
1002e1002c
<Xperia Z1(SO-01F)>

「Xperia Z1」は、
5インチで、解像度1920 x 1080のフルHD、
高さ 約 144mm × 幅 約 74 mm × 厚さ 約 8.5mmm、
質量は、約171g。

カラーバリエーションは、
Black(ブラック)、White(ホワイト)、Purple(パープル)の3色。

 
1010c1010d
1010e1010f
<Xperia Z1f(SO-02F)>

「Xperia Z1f」は、
4.3インチで、解像度1280 x 720のディスプレイを搭載した、
高さ 約 127mm × 幅 約 65 mm × 厚さ 約 9.4mmmの一回り小さいボディ、
約140 g(予定)。

カラバリは、
Lime(ライム)、Black(ブラック)、White(ホワイト)、Pink(ピンク)の4色展開。


それぞれ、オムニバランス(全方位型)デザインとなっていて
フレームにはアルミ板から削り出した継ぎ目のないメタルフレームを採用。

ダブルアルマイト処理(加飾技術)により
フレームのラウンド部とフラット部のカラ―を変えることで薄く軽やかな印象として
電源ボタンもアルミ製のボタンとなる。

IPX5/8、IP5X相当の防水・防塵性能をそなえていて、
イヤホンジャックも、キャップレスのままで防水性能をもたせている。

1002f
背面には、
コンパクトカメラと同等サイズの1/2.3型
約2,070万画素のイメージセンサーExmor RS for mobileを搭載。

画像処理エンジン「BIONZ for mobile」と
明るく広角撮影が可能なGレンズを備えて
暗所でもノイズを低減した、動く被写体もブレを抑えた鮮明な画像を撮影でき、
また、解像感を保ったまま3倍まで拡大出来る全画素超解像ズームといった、
非常に高いカメラ性能を持つ。
1010m]

シーンを認識して自動で最適な設定にする「プレミアムおまかせオート」で、
薄暗いシーンでも最大6枚の画像を連写して重ね合わせることでノイズを減らしたり、
逆光シーンでも、露出を変えた2枚の連写画像を重ね合わせて
白とびや黒つぶれを抑えて自然な写真にする事もできる。

解像度やISO感度、露出を好みで設定できる「マニュアル」モードも搭載する。

また、「長押し連写」すると、
1秒間に最大10枚という速さで(「速度優先連写」時)、
静止画をメモリー残量の続く限り連写することもできる。1010h
さらに、カメラと連携したアプリを新たに搭載。

撮影中の動画をFacebook上にリアルタイムで共有できる「Social live」、
シャッターを押した瞬間とその前後1秒間に30枚、計61枚の高速連写する「タイムシフト連写」、
撮影したランドマークやワイン、書籍や文字列といった情報から
関連情報を検索する「Info-eye」、
ソニーが開発したSmartARエンジンにより3D空間を認識して
選べるテーマや被写体によってエフェクトがかかって撮影できる「ARエフェクト」
といった機能も搭載する。

1010i
幅広い色再現領域を持つ「トリルミナスディスプレイ for mobile」を採用、
そして、ソニー独自の超解像技術「X-Reality™ for mobile」を搭載して、
動画をリアリティー豊かに再現する。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

1010g
写真や動画を管理するアルバムアプリ、
動画を楽しめるムービーアプリ、
音楽再生には、“WALKMAN”アプリケーションを搭載。

アルバムアプリは、
アルバムアプリ内にある写真や動画と一緒に、
PlayMemories Onlineに保存した写真と動画も表示できるようになった。

“WALKMAN”アプリでは
直感的に操作ができるUIやソニー推奨の音設定を楽しめるClearAudio+モードで、
簡単にイイ音を楽しめる。
Music Unlimitedの楽曲と連携して、“WALKMAN”アプリの設定で聴くこともできる。

1010j

自宅内のネットワークで、nasneやBDレコーダーの録画番組や放送中の番組を
楽しめるホームストリーミングや、
nasneやBDレコーダーで録画した番組を
ワイヤレスお出かけ転送」させて、外出先で観ることもできる「ワイヤレスおでかけ転送」にも対応する。

1010l
文字入力には、
「POBox Touch 6.2」を搭載。

QWERTYキーボードに数字キーが表示されるようになったり、
キーボードを自分好みのサイズと位置に調整できる機能と
オンライン辞書から検索して入力できたりと、文字入力もより快適になっている。

1010k
卓上ホルダを同梱。

接地する部分はマグネットになっていて、
付属のアタッチメントに差し替えると
背面カバーを装着していても卓上ホルダを使用できるようになっている。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

プロセッサーにSnapdragon 800 MSM8974 2.2Ghz クアッドコア
メモリー2GBのRAM、外部メモリーは、microSDXC 64GBまで対応。

ワイヤレスLAN(IEEE 802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.0、
そして、近距離無線通信規格のNFCや、おサイフケータイを装備。

OSは、Android 4.2。

2機種のディスプレイとサイズ以外のスペックの違いとしては、
「Xperia Z1」は、
内部ストレージ(ROM)が32GB
ワンセグ、フルセグの視聴に対応(録画はワンセグのみ)、赤外線を搭載。
バッテリー容量は3,000mAh

「Xperia Z1f」は、
内部ストレージ(ROM)が16GB
ワンセグ(フルセグなし)、NOTTV非対応、赤外線なし。
バッテリー容量は2,300mAh

------------------------



「Xperia Z1」が、ようやくNTTドコモからも発表されて10月24日には発売。

そして、honami miniや、amamiと呼ばれていた
4.3インチサイズのモデルは、「Xperia Z1 f」として登場。

サイズダウンしながらも、
1/2.3型の撮像素子とGレンズのところはZ1と同じというのが結構ツボポイント。

フラッグシップはほぼおなじスタイルをしているけれど、
サイズが一回り小さいことと、
カラバリに、ライムとピンクがあるのでちょっと新鮮。

ただし、厚みが増してたりベゼルが太く見えたりと
Zの時のスタイリッシュさが若干減ってるのは仕方がないのかな。

それから、2機種ともNTTドコモの洗礼を受けて、
正面は、上部にNTT docomo Xiロゴで、カブにSONYロゴ、
背面中央に、XPERIAロゴになっているのは、もはやお約束。

いままでグローバルモデルには標準で搭載されていたスタミナモードは、
国内モデルになると削られて独自のものに変更されていたけれど
今回は、多少いじられる可能性はあるものの搭載されるというのは朗報。

「Xperia Z1」であれば、
グローバルモデル、国内2キャリアの3つの選択肢があって
これがまた微妙に違う部分をどう受け止めて、どこのZ1にするか悩ましい状態に。

「Xperia Z1 f」は、NTTドコモ一択で、
Xperia ZとかXperia Z UltraとかXperia Tablet Zとか、
5インチと、6.4インチ、10.1インチと持ってると、
じゃ、じゃあ4.3インチまで揃うとキモチいいよねーとか
あらぬコレクター魂に火がつきそうで非常にキケン。





Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】


2013-10-10 16:01  nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。