So-net無料ブログ作成
検索選択

入荷してきた2011年VAIO夏モデルのVAIOオーナーメードモデル展示実機。 [VAIOネタ]

今週入荷してきた
2011年VAIO夏モデルのVAIOオーナーメードモデルの展示実機。

-----------------------

【VAIO SAシリーズ】
icon
VAIO S(SA)シリーズ VPCSA2AJ
OS    : Windows 7 Ultimate 64ビット 正規版 (SP1)
CPU   : Core i7-2620M(2.70GHz)
メモリー : 8GB(オンボード4GB+4GB)
GPU   : インテル HD グラフィックス 3000/AMD Radeon HD 6630M
ストレージ: クアッドSSD 256GB(64GBx4)
ドライブ  : ブルーレイディスクドライブ
WWAN  : なし
TPMセキュリティーチップ : なし

CPUとメモリーはSAの最大値で
ストレージは、超高速重視のクアッドSSDを搭載していて
高速起動と高速レスポンスが超気持ちいいマシン。

それに、SBシリーズ最大のネックとなる解像度も
SAシリーズでは、1600x900という高解像度で作業効率は格段に向上。
ついでに重量も1.5kg代にもなるので持ち運び時にも
少しでも軽くなるというのは非常にありがたい。

0620s0620r
カラーは、プレミアムカラーのグロッシーブラウン、
周囲を景色が映り込むほどの光沢のあるツルツルした天板、
内側のパームレストにはテクスチャーがびっしりと敷き詰めてあって
カッパーとのコンビネーション。

オプションとして本体の底面にドッキングさせる「拡張バッテリー」を付けると
厚みと重量は増えつつも最大で約19時間もの駆動が可能。
底面に貼りつく形状であくまでもフルフラットのスタイルは崩さない。

また、スティックACアダプターもチョイスできて
本体と一緒に持ち運びする際に、バッグの中でも場所にならない形状と
USB端子が2個付いていて、手持ちのガジェットを充電する用として利用できる。


icon
Windows 7エクスペリエンスは、
CPU            : 7.1
メモリー          : 7.5
グラフィックス       : 6.7(5.9)
ゲーム用グラフィックス : 6.7(6.2)
プライマリハードディスク : 7.9

-------------------------

【VAIO Yシリーズ】
icon
VAIO Yシリーズ
VPCYA2AJ
OS    : Windows 7 Home Premium 64ビット 正規版 (SP1)
CPU   : Core i3-380UM(1.33GHz)
メモリー : 4GB(2GB×2)
GPU   : インテル HD グラフィックス
ストレージ: HDD 約320GB(5400回転/分)
チップセット:インテル HM55 Express チップセット

11.6型のフットプリントのコンパクトモバイルで、
現行のVAIOでは採用されなくなったシリンダーフォルムを引き継いでおり
未だにそのデザインは衰える事はない。

0619i0619h
注意すべきは、光学ドライブを非搭載な事だけれど
超低電圧版のCore iシリーズを搭載できるあたりで
コンパクトながらもしっかりとしたパフォーマンスで動作させられる。

VAIO Yシリーズと、VAIO S(SA)シリーズの大きさを単純に比べてみると、
11.6インチサイズのYシリーズはタテヨコサイズはさすがに小さいけれど、
実は、厚みはSAのほうが薄かったり、重量もほとんどかわらなかったりする。

icon
Windows 7エクスペリエンスは、
CPU            : 4.8
メモリー          : 5.1
グラフィックス       : 3.9
ゲーム用グラフィックス : 4.8
プライマリハードディスク : 5.9

-------------------------

【VAIO F(2D)シリーズ】
icon
VAIO Fシリーズ 「VPCF22AJ」
OS    : Windows 7 Ultimate 64ビット 正規版 (SP1)
CPU   : Core i7-2820QM(2.30GHz)
メモリー : 6GB(4GB+2GB)
GPU   : NVIDIA GeForce GT 540M GPU(専用ビデオメモリー1GB)
ストレージ: HDD 約500GB(7200回転/分)
ドライブ  : ブルーレイディスクドライブ

CPUはVAIOノート中最高位にあたるクアッドコアCore i7-2820QM(2.30GHz)を搭載。
でも何故かメモリーが6GBとかストレージがHDDだったりと頭でっかちなカスタマイズで
案の定Windows7エクスペリエンスではストレージが足を引っ張る結果が出てる。
とは言いながらも、7200回転なので、大きな引っかかりは感じ無い。

0623p0623q
ディスプレイはフルHD(1920x1080)解像度を持っていて
効率のいい作業が出来るのはもちろん
地上デジタル×2(ダブル長時間録画)とブルーレイディスクドライブを搭載しているので
ノートでフルHDのテレビパソコンとして扱える。

また、VAIOノートでi.Link端子を備える唯一のモデルになっていて、
HDV方式のハイビジョンハンディカムからの取り込みだとか
外付け光学ドライブを取り付けて、超高速で読取をしたいという場合には
このモデル一択になる。

キーボードは、周囲が暗くなるとキーボードが光る英字配列(バックライト)を選択してある。
カラーは、シルバーで、3Dモデルの黒光りツルツルボディと違い落ち着いたカラーで
雰囲気が全然違っていて、これはこれでアリなカラー。

icon
Windows 7エクスペリエンスは、
CPU            : 7.5
メモリー          : 7.5
グラフィックス       : 6.7
ゲーム用グラフィックス : 6.7
プライマリハードディスク : 5.9

-------------------------

【VAIO E(EG)シリーズ】
icon
・VAIO Eシリーズ[14型ワイド] 「VPCEG1AJ」
OS    : Windows 7 Home Premium 64ビット 正規版 (SP1)
CPU   : Core i3-2330M(2.20GHz)
メモリー : 6GB(4GB+2GB)
GPU   : NVIDIA GeForce 410M GPU(専用ビデオメモリー512MB)
ストレージ: HDD 約500GB(5400回転/分)
ドライブ  : ブルーレイディスクROMドライブ

完全にエントリーモデルと化したVAIOノートのE(EG)シリーズの14型ワイドモデル。
以前は、天板もパームレストも光沢のあるツルツルボディだったものから
立体的なテクスチャーに変更。
4色カラバリのうちのひとつの「ブルー」はかなり落ち着いた感じの深いブルー。
ディスプレイ解像度も1366x768固定となっている。

エントリーとは言いながらも最新のチップセットを搭載していて、
GPUも専用メモリーを512MB持ったNVIDIA GeForce 410M GPUを選択できるので
全体的なパフォーマンスは充分なほどではなるけれど
ストレージに5400回転のHDDしか選択肢がないためここがボトルネックになりがち。

とは言っても普通にwebブラウズやビジネスアプリを使ったりするには
困らない程度に充分に動いてくれる。

逆にビックリするのは、ムリヤリBluetoothが搭載されていなくて
後から、Bluetoothマウスだとか周辺機器でつなごうと思ってもつなげないので
使いたい場合には別売りのBluetoothアダプターなりを用意する必要がある。

icon
Windows 7エクスペリエンスは、
CPU            : 6.5
メモリー          : 7.3
グラフィックス       : 5.1
ゲーム用グラフィックス : 6.3
プライマリハードディスク : 5.9

-------------------------

【VAIO Jシリーズ】
icon
・VAIO Jシリーズ 「VPCJ21AJ」
OS    : Windows 7 Home Premium 64ビット 正規版 (SP1)
CPU   : Core i5-2540M(2.60GHz)
メモリー : 8GB(4GBx2)
GPU   : AMD Radeon HD 6470M GDDR5(専用ビデオメモリー512MB)
ストレージ: HDD 約500GB(7200回転/分)
ドライブ  : ブルーレイディスクROMドライブ

さりげなくモデルチェンジしたVAIO Jシリーズ。
まずは中身が最新チップセットに変わっていてよりコストパフォーマンスの高いボードPC。

本体スペースの広さを活かして3.5インチタイプのHDD(7200回転)を採用しているため
ノート系よりもレスポンスは良くてかなり快適に使える。

フルHD(1920x1080)解像度の広い作業領域を持ちながらも
ボードPCとしてはLシリーズの24型という巨大さに比べると
21.5型というサイズに抑えてあるので置けるスペースも少なくてすむ。

0623r
それと、新モデルからは本体フレーム2色と
ベゼルカラー5色から選択できるようになっていて
このモデルは、「ブラック+ホワイト」という組み合わせにしたタイプ。

基本ベースとなる本体は背面からフレームの部分がホワイトで、
液晶ディスプレイ周囲のベゼルと、
付属するキーボードやマウスがブラックというツートンカラーになっている。

さらに6色あるキーボードウェアとカラーコーディネートすると
かなり自分スタイルのVAIOにする事が出来るので
今までのデスクトップとは違った楽しみ方が増えた気がする。

icon
Windows 7エクスペリエンスは、
CPU            : 7.1
メモリー          : 7.5
グラフィックス       : 6.5
ゲーム用グラフィックス : 6.5
プライマリハードディスク : 5.9

-------------------------


詳しくはソニーストアのVAIO OWNER MADEへ。



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】


2011-06-23 22:06  nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

Riever

先日SAの実物を見ることが出来ましたが、本当に真っ茶色ですね。それにグロッシーシリーズ伝統の光沢感でこれでもかと言うくらいインパクトが(^^;;
あ、いつもモバイルノートばかりに反応してスミマセン(^^;;;
by Riever (2011-06-23 23:01) 

kunkoku

>Rieverさん
なかなか写真では難しいのですが、実物を見るとかなりのブラウンっぷりと光沢っぷりがわかりますよねw
by kunkoku (2011-06-25 08:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。