So-net無料ブログ作成
検索選択

Android最新バージョン2.3の発表と2.3搭載「Nexus S」の発売。 [ケータイネタ]


12月6日米国で、GoogleがAndroid 2.3を発表。
既にコードネーム「Gingerbreadと呼ばれていたもので、
いきなりAndroid 2.3を搭載するGoogleブランドの「Nexus S」も同時に発表。
Android 2.3のSDK(開発者向けキット)も公開。

・Nexus S「Pure Google」

2.1から2.2へも大きな変化が見られたものの
今回の2.3でも大幅に改良。


新しいユーザーインタフェースは簡易化してかつ高速化をはかる改善、
個々に設定できるバッテリー管理画面や
メンテナンス性の向上したアプリ管理機能、
コピー&ペースト機能やソフトキーボードの改善。

そして、
近距離無線通信技術のNFC(Near Field Communication)をサポートして
Felica(おサイフケータイ)のような機能の実装が可能になったり
IP電話機能(VoIP/SIP)にも対応。

アプリ開発者向けにジャイロセンサーに対応し、
VP8、WebM、AACなども対応する。


Googleブランドで登場する「Nexus S」が
Android 2.3搭載の一番最初のスマートフォンで
「Nexus One」の時はHTC製だったものから今回はSamsung製。

前回のような自社のみの販売ではなく
米BestBuyで、12月16日から販売。
12月20日からは英国で発売となる。
日本での発売は今のところ未定。


本体のハードウェアの性能としては、
ディスプレイが4インチ(800×480)のSuper AMOLED(有機EL)で
静電容量方式のタッチスクリーン。

CPUは1GHz ARM Cortex A8(Hummingbird) 、
16GBのメモリを内蔵。

アウトカメラは500万画素で、HD動画(720×480)撮影が可能、
AFやフラッシュ搭載、インカメラは640×480。


ネットワークはGSM、HSPA、IEEE 802.11 b/g/n、
Bluetooth 2.1+EDR、NFC、A-GPSに対応。

振動でタッチ操作のフィードバック機能や
3軸のジャイロセンサー、電子コンパス、加速度センサー、
環境光センサー、近接センサーといったものも搭載。

ステレオイヤホン入力には
ソフトウェアでのノイズキャンセル機能も利用できる。

本体サイズは、63mm×123.9mm×10.88mm
質量は129g。

以下、「Nexus S」の動画。



-------------------

Android 2.3向けのアプリ開発者を含めて
すぐにでも最新OSを試してみたいというユーザーは
この「Nexus S」が必須アイテムになるだろうね。

噂に出てくるソニーエリクソン製の
Anzuと、このZeus Z1“PlayStation Phone”も
このAndroid 2.3を搭載すると言われてるので、
現行Xperiaの1.6みたいにOS的な遅れはないっぽくて
その辺はうれしいかも。

・ソニーエリクソンのzeus Z1“PlayStation Phone”の動画がアップ!?
・ソニエリ製「PSPケータイ」!?かもしれないプロトタイプが登場!
・Sony Ericsson Z1 PSP Phoneと呼ばれる漏れ動画!?
・次期ソニエリ製Xperia X12(Anzu)とおぼしき端末のスペックの噂?



Twitterボタン
最新ネタは、Twitterでつぶやき中!ID:kunkoku

iconicon

【TOPページへ】


2010-12-09 00:55  nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

Riever

Android 2.3、私の中で何が一番嬉しいかと言えばガベージコレクションをアプリ群の実行と並列で行えることだったりします。
メモリが少ないX10(SO-01B)にとってこれは実にいい改良なんですが・・・載らないですかねぇ・・・

載ってくれるとありがたいんですがねぇ。
by Riever (2010-12-09 01:31) 

from USA

この所の Samsung、LG、HTC、Asus のグローバルな戦略を見ていると、ソニーや日本のメーカーの遅行が気になる。

Samsung、LG、HTC は、米国でもいち早く Android 2.2 製品をリリースしていたし、Samsung、Asus は来年早々、Chrome OS 搭載のPCをリリースする。新製品開発段階から一緒に切磋琢磨している証だ。

Google や Apple に代表される米国のIT企業は、消費者ニーズを的確に捉えかつスピーディーにグローバルな視野で戦略を遂行する。韓国、台湾、中国もその潮流にうまく乗っているように見える。

今、ここアメリカでは日本人の留学生の数が激減している事に、NYタイムズはじめ著名のビジネス誌が警告を鳴らしている。毎年減少を続け、今年は中国の留学者数がダントツ1位、2位韓国、日本は人口260万人の台湾にも抜かれてしまった。

このままでは日本の将来が心配だ。皆さんはどう思いますか?

by from USA (2010-12-09 02:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。