So-net無料ブログ作成

SSD化したVAIO typeSを快適化計画(その1) [VAIOネタ]


・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その1)
・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その2)
の続き。

VAIO typeS<XPモデル>をSSD化したら
ものすごく速いマシンになったし、
HDDの時にあった、
カリカリとアクセスする音もなくなって静かになったし
高回転での発熱も気にしなくてよくなった。


それに、動いてる最中にVAIO本体を移動しても
HDDみたいに気を使わなくていいし、これほど便利なものはない。

けれど、
いい事ばっかりじゃなくて、
やっぱり値段は高いし
それでいて32GB程度しか容量がない。

それと、
フラッシュメモリーは
書き込みの頻度が多ければ多いほど劣化していくとも言われてて
(現行のものだと数十万回程度。)
同じ場所への書き込みを避ける仕組みになってるとは言うものの
全体の容量が少ないという事は
そのぶん同じ場所への書き込みがされる可能性が高くもなる。

そんなに神経質になる必要はないのかもしれないけど
“容量の節約”と“SSDをいたわる”という2つの観点から
思いつくあたりで対処してみる事にした。
<参考サイト>
Eee PC発売記念(?) この小さいマシンでゲームを動かしてみよう――その1:Windows XPを頑張って小さくしてみる:4Gamer.net

---------------------

<Windows XPの最適化>

まずは、OS内をいじって出来る事からやってみる。


スタンダードなやり方として
手始めに「仮想メモリ」をなくしてしまう。

「仮想メモリ」ってのは
使用するアプリケーションによって
メインメモリが足りなくなってしまった際に
HDDの一部を仮のメモリとして補うための機能。

もうすでに
メインメモリは4GB(実質3GB)もあって
Windows XPを動作させるには
余りすぎ状態で「仮想メモリ」を必要とする事もない。

だったら不要でしょという事で。


マイ コンピュータを右クリックして『プロパティ』を開く。
それから、
[詳細設定]タブを開いて
上部にあるパフォーマンスの「設定」をクリック。

すると『パフォーマンス オプション』が新たに開くので
[詳細設定]タブから
下のほうにある[仮想メモリ]の変更を押す。

『仮想メモリ』が出てきたら
Cドライブが選ばれてる状態で
“○ページング ファイルなし”
にチェックして設定する。

これで「仮想メモリ」はなくなる。


次に、「システムの復元」。

長い間使ってると、不具合が起きた時に
復元ポイントまで戻れる便利な機能ではあるけど
何かあったら、超高速リカバリできるし
無駄にSSDを消費する必要もないので限界まで減らす。

マイ コンピュータを右クリックして『プロパティ』を開く。
それから、
[システムの復元]タブを開いて
Cドライブの「設定」をクリック。

『ドライブ(C:)の設定』の中にある
“ディスク領域の使用”を目一杯減らして
最小の1%(200MB)にまで落とす。

完全に復元を無効にもできるけど
200MB程度だったら、保険の意味でも残しておいて良いかなと。


それから、
ローカルディスク(C:)を右クリックして
[全般]タブの下にある
“□このディスクにインテックスを付け、ファイル検索を速くする”
のチェックをはずす。

このチェックが入ってると
PCが待機中に、HDDの中にあるファイルとかフォルダの索引を作って、
検索する時に、そこを参照して高速化する。

頻繁に検索する場合にはあったほうがよさげではあるけど
既にSSDだから、たいして差も出てこないだろうし
ファイルを検索されていちいちインデックス作られても
SSDに無駄なデータを書き込むだけなので、この機能もいらない。


---------------------

<RAMディスクの活用>


前回、余剰メモリを活用しようと思って
RAMディスクとして扱うソフト「RamPhantom2」を入れてみたけど、
今回のSSDにも活躍してくれそうなので、
同様にインストールしてみる。


RamPhantom2をインストールすると、
PC起動時にRAMディスクが有効になって、
マイコンピューターに、
新しい仮想ドライブ(ここではGドライブ)が現れる。

見た目に普通のドライブに見えるけれど、
あくまでもメインメモリーの一部を間借してるだけなので
電源が切れた時点で、Gドライブのデータは完全になくなってしまう。

データ保存には一切向かないものの
逆に、不要なデータの一時置き場には最適。


RAMディスクとして割り当てられる容量は、
最小128MBから最大2254MB。

割り当てすぎて、
メインメモリーが枯渇してしまったら全く意味がなくなってしまうので
Windows XPを使う限りでは影響がない程度の【約1GB】を割り当ててみる。

【追記】
32bitOSで利用できないと思われていたメモリーを
仮想メモリーに割り当てる方法が見つかったので追記。
・メインメモリーを4GBにして仮想メモリーを目一杯利用する!


それから、
これも前回と同じく、
WebブラウザとかのキャッシュをこのRAMディスクに割り当てる。

インターネットエクスプローラー7を使ってる場合、
インターネットオプションの[全般]タブから
閲覧の履歴から「設定」を開く。

すると「インターネット一時ファイルと履歴の設定」が開くので
一時ファイルの場所を、Gドライブに変更。

これで、
一度見たページのキャッシュを、RAMディスクに置くので
表示速度が速くなるという恩恵と、
不要なインターネットの一時ファイルがSSDに貯まる事もない。



また、処理速度とは関係ないけど、
SSDの容量の消費を防ぐ意味で
Windows自体やアプリケーションが一時的に保存するファイルも
RAMディスクに移動。

テンポラリファイルと呼ばれるもので
Windows XPを長らく使ってると
ものすごく貯まる事が多くて、Cドライブを圧迫する代表みたいなものだから
RAMディスクに割り当てとけば、
電源を切ったら自動的になくなってくれるので
もうディスククリーニングする必要もなくて一石二鳥。

まずは先に
以下のファイルを開いてみる。
・C:\WINDOWS\Temp
・C:\Documents and Settings\ユーザ名\Local Settings\Temp

そしたらすでにたっぷりと一時ファイルが貯まってるので
全部捨てる。


マイ コンピュータを右クリックして『プロパティ』を開く。
それから、
[詳細設定]タブを開いて
下のほうにある環境変数をクリックする。

「環境変数」を開くと
変数のTEMPとTMPの値が上記のファイルを指定しているので
編集設定から、Gドライブを指定する。

これで、
インターネットの一時ファイルも
OSとアプリケーションの一時ファイルも
RAMディスクに書き込まれて、
電源が消えた時点で消滅してクリーンな状態を絶えず保てる。


---------------------

<あえて避けてみる事>

SSDへの書き込み動作を減らす努力をするという意味で
普段から使わないようにする事。


休止状態(ハイバネーション)を使わないようにする。

今現在行ってる作業を一時的にHDDに保存してくれて
次回の立ち上がりが早くなるのが休止状態。

HDDドライブを搭載してる時は頻繁に使用していたけど
SSDで使うと毎回書き込み作業をくり返すようなもの。

SSDになってから、
Windowsの起動、終了、休止、復帰を
手押しのストップウォッチで計ってみたけど
1) Windows起動:27.2秒
2) Windows終了:17.7秒
3) 休止 :17.5秒
4) 復帰 :15.5秒
と、Windowsの起動と終了にかかるストレスは皆無に等しいので
この際、休止と復帰は使わない方向で。


それと、デフラグもしないようにする。

デフラグをすると、断片化したファイルを
綺麗に最初から並べ替えをしてくれる。

HDDの時は、データが断片化すると
ドライブのヘッドが物理的に移動するタイムラグが発生して
速度低下になるのでデフラグをする意味はあったけど
ランダムアクセスに強いSSDではそこまで考える必要もないし、
デフラグして書き込みしまくって劣化させるほうが問題なので、
意図してデフラグはしない。


後は、
アプリケーションの突っ込みすぎや
データの入れすぎでSSDを圧迫してしまって
同じ場所への書き込みをしてしまうスキを与える事を避けたいし、
もともとの空き容量がどうしても少ないから
次回は、外部メモリーを活用する方法を考えてみよう。

続く。。


・今さらでも魅力なWindows XP搭載のVAIO typeSプレミアムバージョン
・VAIO typeS<XPモデル>に、7200回転HDDを載せる。
・VAIO typeS<XPモデル>に、無駄にメモリー4GBを載せる。
・VAIO typeSのCPUを換装して高速化する!(その1)
・VAIO typeSのCPUを換装して高速化する!(その2)
・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その1)
・VAIO typeS<XPモデル>にフラッシュメモリーを搭載する(その2)

【VAIO typeS特集ページ】
【VAIO typeT特集ページ】



【TOPページへ】


2008-05-05 18:40  nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 4

コメント 4

Riever

言うことナシの最強快適設定ですね。
サクサク度合いがどんなんだろうと気になって気になって仕方がありません(笑)
by Riever (2008-05-05 20:04) 

かつぽん

これまた保存版エントリですね。
ありがたくローカルにDLさせていただきますm(__)m
by かつぽん (2008-05-07 13:28) 

kunkoku

>Rieverさん
もういっこエントリーを書く予定ですが、遅々として進みません(滝汗
それを書いた後にでも、どんな動きをするか動画でアップしたいと思いますw
by kunkoku (2008-05-07 22:20) 

kunkoku

>かつぽんさん
いえいえ、恐縮ですm(__)m
自分もいろんな人のアドバイスをもとに参考にさせていただいてはいるのですが、自分ではたいした事やってません(^^ゞ
by kunkoku (2008-05-07 22:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。